あなたはどんな条件で稼ぐ?風俗の種類と働き方

希望に一致するお店を見つけよう

風俗の種類を知っておこう

全く未経験の人がソープやデリヘルなどで働くと大きなストレスを感じる可能性があります。 ストレスが原因で、身体を壊すかもしれません。 負担が軽い風俗店もあるので、最初はそちらで慣れると良いかもしれませんね。 慣れたら、ソープやデリヘルで働きましょう。

給料を第一に考えよう

たくさんお金を稼ぐために、風俗店で働くことを決める人が見られます。 それならきちんと稼げるように、ソープやデリヘルを探しましょう。 それらは性的なサービスをするので、肉体の疲労がたまりやすい傾向があります。 しかしその分、給料も増えるのでやりがいがあります。

年齢制限があるかもしれない

風俗店によって、働ける人材の年齢に制限が掛けられています。 働きたいお店が見つかったら、そこに応募できるのかどうか問い合わせてみましょう。 20代を大きく上回る年齢でも、風俗店で働けるので諦めないでください。 そのぐらいの年齢でも、まだまだ需要があります。

初心者向けの風俗店がある

一般的に水商売と言うとお客のアルコールにつきあうものと相場は決まっています。
体を使ったスキンシップが中心となるソープなどと比べれば、肉体的疲労は少ないと言えます。
お客さんを楽しませることで、人気を得られるでしょう。
身体を触られることに抵抗を感じるなら、きちんとそれがルールとして決まっている風俗店を選択してください。
ルールを破るお客さんがいたら、お店に報告することで対応してくれます。

高額な給料を得ることを、第一に考える人がいるでしょう。
その際は、キャバクラやガールズバーでは足りないと感じるかもしれません。
体を使って裸のサービスを提供する仕事であればその分給与も高く設定されています。
最低でも1200円ほどになるので、自分の頑張り次第で毎月たくさんの給料を得られます。
本番行為が禁止されているお店が多いので、必ず守りながら働いてください。
ルールを破った際は、お客さんも働く側も罰せられてしまいます。

年齢制限が決まっているお店があります。
若い女性しか採用していないお店や、ある程度の年齢を超えた女性を揃えているお店があるので、自分の年齢で働けるのか確認してください。
しかし見た目が若い人であれば、熟女と呼ばれる年齢の女性でも20代の女性が働くお店で採用してもらえるかもしれません。
融通が利く場合が多いので、どうしても働きたいお店が見つかったら頼み込んでください。
実年齢が知られないよう、会話の内容などにも注意しましょう。

おすすめリンク